所在管理システムで、できること

在庫管理システム導入の方法と考え方

在庫管理は事業の効率化を図るうえで欠かせない部門です。

過剰な在庫は売上を結果として減らす結果になりますし、保管や維持管理コストを生み出します。一方で、在庫が少な過ぎた場合は、注文を受けて直ちに出荷できないなどの問題を生じます。その場しのぎの経営にしないために在庫管理システムの導入は欠かせません。とはいえ一括りに在庫管理システムといっても、クラウドで実施するものとシステムを構築するものなどがあります。

クラウド在庫管理のメリットは、ウェブ環境さえ整っていれば在庫データの共有ができることです。そのため複雑なシステムを構築する手間や時間、さらにはお金をかけずに導入できます。しかもシステム障害が起きた際は、サービス提供会社が対応してくれることにより、システムを運用管理する時間を省ける点もメリットです。データのバックアップやバージョンアップについても同様です。

一方、自社で在庫管理システムを構築するメリットは、クラウドのような既定のサービスでは不足しがちなオリジナルの管理さえ実現できることです。つまり各社それぞれの在庫管理を実現することで、効果を最大限に活かせます。ただしクラウドと比較したとき初期投資額が大きくなる点、継続運用のコストおよび人員が必要な点を考慮しなければなりません。クラウドにしろ独自システムの構築にしろ、一長一短があるので事業内容や規模、あるいはコストなど総合的に判断することが重要です。経営を左右しかねない在庫管理だけに、慎重さが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *