所在管理システムで、できること

適切な数量を維持する在庫管理システム

適切な在庫を維持することは生産側にとって非常に大切なことで、在庫が足りなくても過剰に余っても困るので、臨機応変に対応できる在庫管理システムが必要になります。

これまでの在庫管理システムでは、どのくらいの量をどのタイミングで補充していいのかわからなかったり、緊急の注文に間に合わないなどの問題が起きていたのです。そこでおすすめなのが供給管理補充機能を持った最新の在庫管理システムで、この機能を活用することで欠品で納期が遅れたりすることがなくなり、生産部門に適切な生産を依頼することができます。

最新の在庫管理システムの特徴は、まず予想される需要やこれまでの受注の実績を基に適切な生産数を計算して工場に注文を依頼します。それから倉庫の在庫数から推移をみて足りない分を計算して、次の分のオーダーを作成できる機能も備えています。さらに在庫を持たない受注生産品については、個別注文を指定することもでき受注数と同じ数の生産に依頼をかけることが可能になります。

また在庫管理システムはPDMやPDAにスケジューラや会計システムなどの周辺のシステムと、外部インターフェース機能を使って連携することもできます。そして医薬品や化学に食品業や組み立て加工など様々な業界に導入されていて、大企業から中小企業や零細企業まで規模の大小にかかわらず重宝され実績を残しています。さらに日本語だけではなく英語や中国語にも対応しているので、海外に生産拠点にある企業にとっても役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *