所在管理システムで、できること

タイムレコーダーを活用する勤怠管理の利点

勤怠管理の方法はいくつもありますが、一番多いのはタイムレコーダーを使うことです。これはそんなに難しいことではなく、個人個人にカードを発行して、それを出勤の時にタイムレコーダーで打刻します。最近では電子カードになっており、時間を直接そのカードに記入するタイプではない時もあります。兎に角、会社の入った時間、退社した時間、早退、遅出などのことを情報として残すのが勤怠管理になります。

これで給料の計算をするわけでもありますから、タイムレコーダーの記録は正確である必要があります。また、修正ができる機能も重要です。間違ってタイムカードを入れてしまったとか、忘れてしまった、と言うこともよくあるからです。そうしたミスがないようにするべきではありますが、人間が行動してやっている以上は確実におき得ることであると認識しておいたほうが良いです。

最近ではクラウド化されている勤怠管理システムを導入しているところも多いです。それによって、上手く事務効率を高めているところが増えています。何故かといいますとクラウドではネットワークを使って、出先からの勤怠の申告ができます。ある意味では性善説でのシステム運用になってしまうのですが、それでもいくつかの監視や管理体制を作っておけば問題ないです。

会社に出てこないで朝から現場、と言う仕事はよくあるからです。そうした業種であれば、クラウドの勤怠管理システムはかなり効果的であると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *