所在管理システムで、できること

勤怠管理に必要なタイムレコーダー

会社や工場で大切なのは社員の勤務をしっかりと管理、確認をすることで、そのために勤怠管理が重要になってきます。勤怠管理とはすでにお分かりでしょうが、社員の状態を確認することで、出勤、退社、休憩、休暇などをしっかりと記録することです。そうすることによって、正しく給料を支払うことができるようになるのです。時間給、バイトやパートといっただけではなく、正社員に関しても勤務時間が正しく記録されていれば、皆勤手当や残業など、または有給休暇に関して正しく判断されて給与に反映されるのです。

そのためタイムレコーダーが重要となってきて、朝の出勤時、仕事終わりに、さらに休憩時間の始まりと終わりにタイムカードを押すことによって時間を正しく記録できるようになります。そしてこれが勤怠管理に役立つのです。しかしタイムレコーダーは基本的には設置場所が決まっていて、営業などで外回りが多いやや面倒さをかんじさせます。タイムレコーダーを通すために会社に戻らなければいけなく、時間が無駄になりますし、会社側としても残業代が発生するので嬉しいことではないでしょう。

そういったことから、最近は勤怠管理に新しいシステムを導入することが増えていて、インターネットのクラウドを利用して、どこからでもタイムカードを押すことができるようになったのです。社員からも、会社側としてもありがたいシステムで、となっていて、最近は活用するところが多くなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *