所在管理システムで、できること

勤怠管理を効率的に行う

勤怠管理というのは会社などで働いている人の勤務時間などを管理するということです。いつ何時から何時まで働いていつ休んだかということや有給休暇があればいつ取得してその残日数は何日かといったことまで管理しなければなりません。基本的には会社で働く人は出勤日や公休が決められています。最近ではフレックスタイム制や変形労働時間制などあり、それぞれの勤務体系には特徴があるのでそれにあったものを会社は制度として決めて管理をします。

例えば変形労働時間制というものはその期間平均して週40時間という基準を満たせばよいことになり、1年単位の変形労働時間制であれば1年間を通じて週平均40時間になるようにするということです。そのメリットとしては会社に繁忙期や閑散期があるような場合に忙しい月の休日を少なめにして閑散期の休日を多くするということができるので、残業時間など抑えることが出来るようになります。このような勤務体系に基づいて勤怠管理を行うことになります。勤怠管理には出勤したという証が必要となりますが、これはタイムレコーダーを利用する方法があります。

最近のタイムレコーダーはICカードやバーコードを利用したものがあり、データとして勤怠の情報を収集することができます。そのため勤怠管理の内容をパソコンなどを利用していつでも確認することができるようになります。また残業などの時間も自動的に計算を行うことができより効率的に管理することができます。温度管理システムのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *