所在管理システムで、できること

勤怠管理で作業効率化

勤怠管理は会社で働く人達の勤務内容を確認できるようにするもので、その目的は勤務内容が就業規則や労働基準法に違反していないか、適切な就労になっているか、また人件費を削減するような場合の時間数管理に利用することができます。勤務内容の確認としては、会社では公休日や勤務時間が決められていますので、その内容にあった就労になっているか確認します。もし1日8時間勤務として勤務時間が超えているような場合は残業時間として別途手当を支給する必要があります。そして月間でどのよう時間数か年間でどのような時間数か確認する必要もあります。

会社では労働基準監督署に36協定を届け出ている場合は1日の残業時間3カ月の残業時間など定められているので、その時間数の範囲内か確認も必要です。勤怠管理はこれら適切な就労になっているかいつでも確認ができるようにしなければなりません。その情報は出勤退勤時間によって把握します。これまでタイムカードというものがありましたが、これは紙に印字するものでデータ化するために再入力するなど間違いも発生します。

最近ではタイムレコーダーから出勤時間や退勤時間をデータで吸い上げることができるので、勤怠管理においてもシステムを導入して時間数の計算などを自動的に行い効率化することができます。勤怠管理としては給与計算や労働環境の把握、しいては人件費をより効率的に使用するための基礎データとして活用することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *