中古車の走行距離について

車を買うとき、新車と中古車では、クラシックカーや一部の入手困難車を除いて、中古車のほうが価格が手ごろです。中古車の状態を知るための基準として、年式やグレードのほかに、走行距離が重視されています。年式が新しくても、走行距離が多い車は価額が手ごろになっていますが、その理由はパーツの消耗具合によります。年式が比較的新しい高級車に乗りたいという、外観重視なら、走行距離が多くて価格が手ごろな車も魅力ですが、その車の性能に憧れがあるなら、走行距離に応じたメンテナンスを実施しているかに注意が必要です。

車は機械なので故障があるのはやむを得ないことだし、重量物がタイヤで高速で長距離を回転しながら移動するので、摩耗や劣化も避けられません。摩耗や劣化したパーツは、新品に交換することで本来の性能を取り戻します。しかし、クルマを手放す直前に完全なオーバーホールやパーツ交換をする人はいないし、むしろ調子がわるくなり始めたことをきっかけに車を買い換える人は多いです。そのため、中古車を購入する場合、走行距離だけでなく過去のメンテナンス実績がわかる車が安心です。

走行距離によって、どのパーツの寿命は何万キロなど基準が決まっているので、まだ行われていない作業は、購入をきっかけに施行してしまうか、そうでなくても購入代金のほかに整備費用を見こんでおくのがおすすめです。中古車を試乗する場合、その車だけで乗り心地を判断するよりも、後継の現行モデルでもいいので、同じ車の新車を新車ディーラーで試乗して、比較してみるのも効果的です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です