住宅ローンの審査に通るための豆知識を解説します

住宅を購入するときは、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになります。お勧めの金融機関はどこかという議論は、インターネットの比較サイトなどで活発ですが、いくら金融機関選びでがんばって情報を集めても、審査に通らなければどうにもなりません。一般に、金融商品というのは条件の良いものほど審査は厳しい傾向があります。わずかな金利の差で数百万円の差がつき、保証料などの諸費用の差でも50万円から100万円の差がつくのが住宅ローンです。

審査に通るための準備をしっかりとしておき、有利な条件でローンを組めるようにしましょう。住宅ローンの審査では、一般に、年収と返済負担率、勤務形態、勤続年数、個人信用情報、不動産の担保評価額、健康状態などが重要ポイントとされています。どの項目をどのくらい重視するのかといった基準については、金融機関によって異なっており、そしてその情報は非公開となっています。そのため、事前審査に申し込むときには、複数の金融機関に申込みをすることが重要になってきます。

これは、1社に落ちて、また次の1社に申し込むために1ヶ月程度のタイムロスが生じてしまうことを防ぐ効果もあります。また、比較的早いうちから準備しなければいけないのが、頭金です。金融機関は、リスクの少ない人に対しては良い条件で融資を行ないますので、頭金を多めに用意しておくことで、審査に通りやすくなるだけでなく、優遇金利を受けられる銀行もあります。最低でも1割は頭金を用意しておきましょう。

ある意味最も重要なのが、個人信用情報です。銀行がお金を貸すときは、年収などの返済能力の他に、人間的な信用も重視します。およそ30年にわたって数千万という大金を返済していく住宅ローンでは、人間的な信用は特に重要です。過去にクレジットカードやローンの返済で延滞をしていると、いくら返済能力があっても審査に落とされることもあるので気をつけましょう。

自社ローンのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です