住宅ローンの審査で重要な返済比率について解説します

住宅ローンでは、年収と返済比率、勤務先、勤務形態、勤続年数、個人信用情報、不動産の担保評価、健康状態などが重要項目となっています。このうち返済比率とは、住宅ローンを含む借金の年間返済額を年収で割った値のことで、20%以下が理想とされています。25%以下が理想だという説もあります。審査に通るだけなら、この基準はもう少し上がります。

返済比率の基準は、ほとんどの金融機関では非公開ですが、フラット35では公開されており、年収400万未満なら30%、年収400万以上なら35%が上限とされています。返済比率は、ある意味年収よりも重要な項目で、例えば年収が200万程度でも、年間返済額が40万円の無理のないローンに申し込めば、審査に通る可能性が高いです。大事なのは年収の高さではなく、年収に応じて無理のない返済プランをたてることです。その他重要なポイントは、銀行によって返済比率の基準は異なっているということです。

そのため、1社の審査に落ちても、次に申し込んだ1社にはあっさり通ることもあります。事前審査は複数の銀行に同時に申し込んでも大丈夫なので、複数の銀行の住宅ローンの事前審査に申込みをすることが、審査落ちのタイムラグをなくすこともできてお勧めです。返済比率を下げるためには、頭金を増やしたり、他に自動車ローンなどの借金がある場合にはそれらを完済することです。特に消費者金融での借金はイメージが悪いことがあるので、優先的に完済して解約しておくことが望ましいです。

返済比率は、40%を超えていても銀行によっては審査に通ることもあるようです。しかし、大事なのは審査に通ることではなく、無理なく返済していけるということだということを忘れてはいけません。審査に通ったからといって、限度額いっぱいまで借りてしまうと返済に苦しむことになるかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です