金利の概念を知ってから住宅ローンを利用しよう

住宅ローンを利用するときには、金利の概念をしっかりと理解しなくてはいけません。住宅ローンは、金利の変動によって借金の総額が変化するサービスであるため、この考え方がわかっていないと大きな損をしてしまうことになります。では、住宅ローンに関連する金利にはどのようなものがあるのでしょうか。住宅ローンに関連する金利には、一般的に金利がそのまま固定されている固定金利と取引をした当初から金利が変動する変動金利の二つの考え方があります。

固定金利を利用するときには、経済状況を見て金利が最も安いときを選択しなくてはいけません。固定金利の場合はその後に経済変動があって金利が底をついたときにその恩恵を受けることが出来ないというデメリットがあるため、金利が底の時にサービスを利用することによって将来的にずっと低金利のままサービスを利用することができます。逆に、変動金利はサービスを利用した当初から金利が変動し続けることになるため将来的に金利が変動することがわかっているときに利用することが大切です。金利が常に変動し続けるので金利の分だけ常に借金の総額に変化が生じることになります。

仮に、将来的に劇的に金利が下がったときには実質的な借金の総額が借りた当時よりも小さくなることもあるため、変動のリスクはあるもののメリットも大きいサービスと言えます。住宅ローンは、何年間も返済計画を立てて返済することが普通であるため、将来設計をきちんと行ってから利用しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です