住宅ローンの審査に通るための豆知識を解説します

住宅ローンでは、年収や返済比率、勤務形態などの他に、個人信用情報や健康状態、不動産の担保評価額なども重要ポイントとなっています。そしてそれらの項目が総合的に判断されますので、1つのポイントに不安があっても、総合的に良ければ審査に通ることもありますし、逆にいくら年収が高くても個人信用情報などが原因で審査に落ちることもあります。この中で最も審査に落ちる理由となりそうなのは、個人信用情報かもしれません。銀行は返済能力の他に、人間的な信用度をとても重視するようです。

過去にクレジットカードやローンの支払いを延滞したことがあって、信用情報に傷がついている人は、どんなに年収などの他の条件が良くても人間的な信用がないとして審査に通らないこともあります。もちろん、審査基準は銀行によって様々ですので、ある銀行で審査に落ちたからといって、別の銀行ではあっさり通ることもあります。信用情報に問題がなければ、次は返済比率に問題がないかを確認してしましょう。返済比率とは、年間返済額を年収で割った値のことで、20%以下が理想とされていますが、審査に通るだけならばもう少し高くても大丈夫です。

フラット35では、年収400万未満の人は返済比率30%以下、年収400万以上の人は35%以下という基準を設けています。他の金融機関に申し込む場合にもこの基準は参考になるでしょう。住宅ローンで重要なのは、銀行によって審査基準が異なるということです。都市銀行などでは、正社員に限っているところもまだまだ多いですが、ネット銀行などでは派遣やアルバイトにも積極的に融資を行なっているところもあります。

自分に合った金融機関を探して申込みをすることが大切です。住宅ローンの事前審査は複数申込みができますので、複数の金融機関の事前審査に申込みをすることがお勧めです。1社に落ちてから次の1社に申し込むまでのタイムラグをなくすことができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です