65歳以上の方におすすめのシニア向け賃貸住宅

新しい不動産投資とこれからの賃貸経営

不動産に投資がしたいのであれば、賃貸物件を購入してそれを他人に貸し出すというのが従来の方法でした。しかし、最近はREITという金融商品を購入することで不動産投資が可能になっています。これは、不動産を債券のように取り扱う比較的新しいタイプの金融商品です。これを購入することで、広範な範囲の不動産に対して小額からでも投資が可能になります。

口数に応じて分配金がもらえるので、配当生活をするときには欠かせない商品となっています。ただ、REITはリスクが低い分リターンも低くなっています。年率で5%以下程度の分配金しかもらえませんから、実際に賃貸物件を運用するのに比べればローリスクローリターンです。リターンを高めに維持したいのであれば、やはり実際に自分で不動産経営をしていくのがベストです。

今の時代には、いろいろと工夫をすることで不動産経営がしやすくなっているので、儲けることは不可能ではありません。とても安い物件を中古で購入して、リノベーションをして高い値段で貸し出すということをすれば、利益は得やすいでしょう。いい物件を見つけ出す能力があれば、億というお金を儲けていくこともできます。今後は空室率対策がとても重要になってきます。

放っておいても人はやってきてくれませんから、フリーレント期間を設定したり、家具家電付きの物件にしたり、ペットを飼えるようにしたりという工夫が必要です。防音工事をしておくのも、賃貸物件に付加価値をつける意味では大きいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です