65歳以上の方におすすめのシニア向け賃貸住宅

土地の賃貸をする場合には借地権の知識が必要

土地の有効活用を考えた場合、自分で駐車場を設置したり賃貸アパートを建てるなど、自ら賃貸経営を行う選択肢もありますが、自分に投資資金がない場合には、土地をそのまま賃貸してしまう方法もあります。借りた人は、その土地の上に建物を建て使用したり、アパートを建てて賃貸することになるでしょう。そういった建物の利用を目的とした土地の貸し借りについては、借地借家法の適用があります。借地権には債権である賃借権と物権である地上権がありますが、地上権は非常に強いため設定されることはほとんどなく、現実の土地の賃借はほぼすべて賃借権とされています。

また、土地を貸し出す期間等によって契約方法が二つあり、普通借地権と定期借地権と呼ばれています。普通借地権については、契約の存続期間は30年以上とされていますので、もし30年未満で契約したとしても30年とみなされてしまいます。少なくても30年ということになりますが、期間に制限を設けているのは、借りた土地に建物を建てた人の権利を守ろうという考え方からきているようです。土地を借りて建物を建てたが、あっという間に土地を返還する契約期限が来てしまったら、その建物を使い切る前に出ていかなければいけなくなります。

そういったことを避けるために普通借地権では存続期間が最低30年になっているのです。また、契約の更新においても貸主に正当事由がないと更新拒絶ができない等、借主が守られるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です