65歳以上の方におすすめのシニア向け賃貸住宅

賃貸住宅でペットを飼う場合

賃貸住宅でも最近は、借りている人の気持ちをよく理解して願いをかなえてくれる物件がたくさんあります。例えば、大家さんや不動産屋から、犬や猫などのペットを飼ってもいい。と言われる場合があります。ペットを飼うと生活がとても潤いますし、仕事や人間関係のストレスを抱えてても、ストレスや疲れが飛びます。

しかし、賃貸住宅ですからやはり、飼う際には十分気をつける必要があるでしょう。では、どのように気をつけることができるでしょうか。一つは犬や猫が畳や床そして柱を傷つけないようにすることです。特に猫は、柱や畳で爪をとぐ習慣があります。

柱で爪をとぐと、柱がボロボロになってしまいます。それで、予防としては爪とぎをあらかじめ準備しておきましょう。また、柱は布でカバーしておきましょう。そうするなら柱がボロボロになるのを防ぐことが出来ます。

加えて、畳の上にもカーペットを敷いておくなら、畳が傷むのを防ぐこともできますし、犬や猫が万が一トイレに失敗してしまった時でも、畳を汚さずにすむでしょう。気をつける別の点としては、臭いです。こまめにお風呂に入れている犬や猫であっても、室内で飼うとどうしても臭いが部屋についてしまいます。それで、臭いがこもらないために窓を頻繁に開けて空気の入れ替えを行いましょう。

また、空気清浄機を稼働させることも効果的でしょう。このように気をつけながら犬や猫を飼うなら、快適な賃貸住宅での生活を満喫できるでしょう。シニア向けの賃貸住宅のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です