65歳以上の方におすすめのシニア向け賃貸住宅

賃貸住宅を借りる際に気を付けておきたいこと

賃貸住宅を借りる際に気をつけなくてはいけないことは、借り手が思っている以上に多いものです。大切なのは、あなたが借りる物件はあくまでもオーナーの持ち物であるということです。そして、何らかのトラブルがあった際に、借り手が責任を負う場合と、オーナーの側で責任を負う場合があるということです。契約を結ぶ際、重要事項説明を宅建士から受けます。

この重要事項説明と契約書に大切なことが全て書いてありますので、ただ聞き流すのではなく、こちらから質問をすることも大切でしょう。設備であるものに関しては、故障した際にはオーナー側が修理をしてくれますが、そうでないものについては借り手に責任が行きます。賃貸住宅の場合には禁止事項も多いものです。例を挙げれば、夜遅くの洗濯やペットの飼育、楽器の演奏など色々あります。

禁煙という物件もこの頃では珍しくありません。それらはその住宅に住む人たちが快適に過ごすために設けられていることであると認識する必要があります。分譲住宅と比べれば壁も薄いことが多いので、禁止事項は増えるものです。多くの賃貸住宅の場合は集合住宅ですので、大規模な集団生活であると考えることが必要でしょう。

先に述べた重要事項説明や契約書は、その物件を退去するまで継続することですから、書類は大切に保管しましょう。入居時の傷や不具合は入居時に管理会社やオーナーに伝えておけば退去時にトラブルを防ぐことが出来ます。快適な賃貸ライフを送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です