65歳以上の方におすすめのシニア向け賃貸住宅

賃貸住宅とインターネット回線

賃貸住宅の物件選びをするという場合に、つい月々の家賃や敷金、礼金といった部分に目が行きがちですが、その住宅のなかに設置されているさまざまな設備についても、気を払っておく必要があるでしょう。たとえば、最近ではインターネットといえば、生活のなかでなくてはならないものとなっており、実際に賃貸住宅を探すにあたっても、インターネット上の住宅専門ウェブサイトなどで検索するといった場合は多いものです。一部の賃貸住宅では、はじめからインターネットの回線が開通しており、入居すればそのまま利用することができるというものがあります。また、たとえばテレビのデジタル放送の電波がよく入らないという地域であっても、地元にケーブルテレビの会社があるため、この会社でテレビとインターネットのサービスを両方手がけており、賃貸住宅の設備としてその回線が開通しているというのであれば、さらにお得な物件であるということができるでしょう。

ただし、現在も違う賃貸住宅に住んでおり、引っ越しをしようという場合には、いったんプロバイダーの契約を解除しなければならないのかどうかを確認しておく必要があります。もしもインターネット付き住宅に引っ越すために、これまでのプロバイダーとの契約を解除しようとする場合には、当初の契約から一定の期間が過ぎなければ、違約金が請求されてしまうことがあります。この場合、一定期間という条件を満たさなければ、よけいな経費がかかってしまい、せっかくインターネット付き住宅とした意味がなくなってしまうかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です