65歳以上の方におすすめのシニア向け賃貸住宅

保険や税金の必要がない賃貸住宅

賃貸住宅は、自分たちの持家ではないのでいろいろと気を使うという意見があります。たしかに、自分たちの持家ではありませんからある程度の気を使うのは当然と言えるでしょう。しかし、賃貸住宅にはそれ以上にメリットがたくさんあると言えます。そのメリットの一つが、税金がかからないということです。

自分の持家ですと、購入の際に何千万というお金を支払ったとしても、毎年固定資産税が必要になってきます。家や土地の価格によって、固定資産税の評価額は異なってきますが、中には一年間で数十万円支払わなければいけない場合があります。さらに、固定資産税に加えて火災保険や地震保険の支払いも必要となってきます。火災保険に加えて家財保険にも加入している家庭ですと、出費はさらに大きくなることでしょう。

もちろん、安心のために保険に加入しておくことは大切ですし、固定資産税も国が定めている税金ですので、納めるべき税金ではありますがそれでも一年を通して計算するとかなりの額になります。しかし、賃貸住宅ですと、税金の支払いは家の持ち主である大家さんが支払ってくれますし、火災保険も大家さんが支払ってくれます。賃貸住宅の場合は、家賃と共益費や管理費だけですみますので経済的に大変楽と言えます。賃貸住宅でも、自分たちの好きなように使ったり、リフォームをしてもいいという物件がたくさんありますので、そういった物件を上手に探して快適にそして長くすみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です