65歳以上の方におすすめのシニア向け賃貸住宅

賃貸物件でよりよい条件で入居するためのTIPS

住んでいる地域にいると、大体の賃貸に関する家賃相場はわかるものです。なぜかというと、入居する際に不動産検索サイトや不動産屋からリサーチしていれば、大体どのぐらいという目安を自然に覚えるからでしょう。ただ、住み慣れた地域を離れて、見ず知らずの地域に引っ越しをするケースもあります。例えば、雇用形態の変化や進級、進学、就職、気分転換などの理由によるものです。

遠くの地域に引っ越しをする場合は今までの賃貸における家賃相場の感覚は使えないことになり、頼りになるのは現地不動産の情報のみです。なかなか遠くの方まで行き、実際に見学とするとなると、時間もお金もかかるので効率的に選べるのが理想的なのではないでしょうか。できるだけ効率的に目星をつける方法としては、今までの賃貸の常識は捨て去ることです。都会だと家賃も高くなりがちですが、地方だと同じような間取りでも大分安くなる、といったことも可能なので、予算を元に条件を広げるのもよいでしょう。

さらに、少しだけ予算オーバーでも気に入った物件があれば、交渉してみる余地はあります。絶対に入居したい場合に使えるテクニックですが、事情を説明して入居を前提に安くしてもらう、という方法が使えることもあります。賃貸といえども、人が入居しなければ空室のままだと家賃が入らないことになるので、貸主側としても入居してほしい、という利害が一致するのです。これらのテクニックを使ってよりよい住まいを見つけてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です