65歳以上の方におすすめのシニア向け賃貸住宅

賃貸住宅を選ぶ際のポイントとメリット

賃貸住宅を選ぶ際、大事にしていることは3つあります。はじめは、立地。駅やスーパーの他、自分や家族の仕事や学校へのアクセスが良好であること。家族や友人とアクセスしやすいこと。

自らの行動範囲とかけ離れていないことなどです。次は、家賃。月給の3分の1とはよく言いますが、これにとらわれず、自分の身の丈に合った金額で無理のない範囲で選ぶようにしています。光熱費や通信費も含めた検討が必要です。

最後は、環境。ひどい騒音がないか、治安は悪くないかなどです。建物自体の環境も大切で、日当たりや近所の住人のタイプなども選定の要因になります。賃貸住宅の良いところは、ライフステージによって変わる自分に適した立地や間取り、金額などを、ある程度自由に選び、住み替えることができるところです。

一人に適した住宅、二人になったら住みたい住宅、家族で暮らしたい住宅は必ずしも同じではないでしょう。それをそのタイミングに応じて、数年単位ではありますが、分譲住宅に比べれば格段に身軽に選択できるのは大きなメリットです。分譲住宅であれば、ローンの組み換えや買い主探しといった煩雑な手続きが必要となり、経済的に余裕のある人を除けば決して身軽に動くというわけにはいきません。まだ経験していないライフステージでどんな環境が望ましいかを予測するのは難しいし、急な環境変化も起こる可能性があるのです。

総合的に見て、賃貸住宅に住むメリットは大きいといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です